一般大学生の生活.com

ヒッチハイクもする無計画旅 10日目(屋久島)

白谷雲水峡へ

縄文杉よりは遅い起床。弁当の準備を忘れていたので慌てて「できたて屋」で昼の分を買った。売り切れている場合もあるのでちゃんと予約をしよう。

 

朝ごはんは抜いた。良い子は真似しないように。

 

縄文杉と同じように、白谷雲水峡もバス乗り換えで向かう。時間があるので川でも見て時間を潰す。

f:id:hidayoshi:20170407074633j:plain

f:id:hidayoshi:20170407074647j:plain

 

バスに乗り、峠を越えて白谷雲水峡へ向かう。今日は天気が良く、海も山も空もはっきりと見えていい景色だ。バスは崖ギリギリを走るので中々スリルがある。

f:id:hidayoshi:20170407074816j:plain

 

白谷雲水峡

着きました。受付で荷物を預かってもらえると聞いていたので、荷物を全て持ってきていた。しかし預かってはもらえたが、置き場所は誰でも出入りできるところだった。

 

トレッキング中は終始心配だった。MACや財布を置いてきたので、盗まれていたら太鼓岩から落ちることも覚悟していた。気持ちよく登りたいなら観光案内所のコインロッカーに入れるべきだろう。

f:id:hidayoshi:20170407081208j:plain

f:id:hidayoshi:20170407074923j:plain

 

写真が多すぎるので見所な写真だけ。

f:id:hidayoshi:20170407075542j:plain

f:id:hidayoshi:20170407075618j:plain

f:id:hidayoshi:20170407075620j:plain

f:id:hidayoshi:20170407075859j:plain

f:id:hidayoshi:20170407080242j:plain

 

 

f:id:hidayoshi:20170407080809j:plain

f:id:hidayoshi:20170407081057j:plain

f:id:hidayoshi:20170407081122j:plain

f:id:hidayoshi:20170407081147j:plain

太鼓岩

白谷雲水峡は光と影、苔と清水といったものが幻想的な世界を創っていた。ジブリで使われるだけある。道のりも縄文杉ほどきつくもなく、楽しくトレッキングができる。

 

 

と思っていたら太鼓岩に登る道はとても急で、舗装もされていないのでハードだった。若いから登れるが、自分が高齢者になった時登れるかは疑問だった。

 

遂に着いた太鼓岩。写真の撮り方が悪いせいで大したことないように見えるが、本当に景色がすごかった。屋久島で一番良かったと自信を持って言えるし、これを見たら縄文杉なんてただのでかい杉だ。

 

これを見た他の人も縄文杉よりこっちの方が良いと言っていた。

f:id:hidayoshi:20170407075948j:plain

 

写真ではしょぼそうだが、実際は凄い深い。落ちたら死ぬ。

f:id:hidayoshi:20170407080408j:plain

 

帰宅

太鼓岩を堪能し、今度は他のルートを通って帰る。白谷雲水峡には様々なルートがあり私は行きは太鼓岩往復ルートで来た。そして帰りは奉行杉、弥生杉を見て帰るという強行ルートを選択した。

 

なぜ文化部だった自分にここまで体力があるのか不思議だった。きっとこの時はアドレナリンが出ていたのだろう。

f:id:hidayoshi:20170407112216j:plain

 

私は太鼓岩から降りて「左」に向かった。左には何があるのか。そう、縄文杉だ。道を間違えたのだ。

 

トロッコ道を見た時は絶望した。血の気が引くというのはこういうことか。これで1時間無駄にしたので、弥生杉をみることはできなかった。

 

しかし奉行杉をみることはできた。大したことはなかったけど。

 

今回は道を間違えたせいで全てを見ることはできなかったが、時間的には全然可能なルートなので白谷雲水峡へ2回来るのが面倒くさい方にオススメだ。

 

ちなみに荷物は無事だった。荷物の盗まれにくさは世界に誇れるね。

 

 

明日の準備

フェリーはいびすかすが屋久島を出るのは8時とかなので、前日は宮之浦に宿泊しなければならない。時々安房に止まって夜通し歩く人がいるらしいので注意だ。

 

宮之浦では「ふれんず」というドミトリー?に宿泊した。個室ではなく2段ベッドなのでおそらくドミトリーだろう。部屋はきれいだし、洗濯もできたので私的に文句はなかった。

 

まずは早い夕ご飯ということで、宮之浦でも有名な「潮騒」で食べた。頼んだのは屋久島名物、首折り鯖の刺し身定食だ。

 

確かに刺し身は美味かったが、こんなもんかとも思ってしまった。

正直汁のほうが美味かった。

まあ、自分が貧乏舌なのだろう。

f:id:hidayoshi:20170407081212j:plain

 

食事の後は明日のご飯を買う。宮之浦には九州でお馴染み、Aコープがあるので買い物には困らない。

 

明日はフェリーで寝れるので、この日は割りと夜更かししていた気がする。

広告を非表示にする