一般大学生の生活.com

ハッカソンに参加しようと思った理由

このたびハッカソンというものに参加することになりました。どちらかと言えばインドアな私が、なぜこんなアクティブなイベントに参加しようと思ったのか。ちょっと書いていきたいです。

 

ハッカソンとは

ハッカソン - Wikipedia

 

wikiみれば一発ですが簡単に説明すれば、

「皆で集まってテーマに沿った新アイデアや改善点を考えよう!」

って感じですかね。

 

でも会議のように重い雰囲気ではなく、お菓子を食べながら、談笑しながらの軽い感じです。

 

またアイデアも、画期的な!考えたこともなかった!といった凄いものではなく

「できたらいいアイデア作れたらいいね」

といった感じです。

 

まあ、いいアイデアがポンポン出せるならハッカソンなんてやろうとおもいませんからね。

 

なぜ参加するのか

 

まあ理由は色々ありますが1つは就活のためですかね。凄い現金な考えですけど。

 

大学一年目の生活もそろそろ終わりです。年明けには春休みもありますしね。

 

そういうわけで、大学生活を振り返ってみると、私は何もしてないと思いました。

GPAこそ良い方ですが、一番な訳ではありません。それに、就活でGPAはあまり見られません。

 

この生活を残りの2年間続けたら、量産型大学生の出来上がりです。そうして3年生になってから、就活の話題作りのために色々なイベントに参加する…。

 

人生に後悔するのは高校生までで終わりにしたいです。もう学習しました。ここで何かしないとまともな仕事に就けないでしょう。

 

もう1つの理由は、参加した時点で勝ちってこと

これが一番言いたいです。

 

まず、日本人はハッカソンなんてイベント嫌いな人種だと思います。

意見を言うのが恥ずかしい、苦手、空気を読む文化、凄いこと言わなくちゃ…。

日本人ならよく分かるはずです。

 

ですから、こういったイベントに出る時点で勝ちなのです。

 

また、ハッカソンに1年生で参加するというのも重要です。

 

3年生で参加したらまわりにどう思われると思いますか?

「話題作りかな?」って思う人もいると思います。

 

これを1年生が参加してたらどうでしょうか?

言うまでもないでしょう。ご想像どおりです。

 

そしてさらに発表内容でも1年生はアドバンテージがあります。

もちろん1年生だからアイデアが幼稚でいいというわけではありません。

 

イデアをある程度形にしなければならない時、1年生では技術力、知識が足りないというときがあるでしょう。実際、今私がなってます。

 

そういうときでも、1年生だからしょうがないね、でもアイデアは良いね。ってなるはずです。

 

いや、「勉強して作れよ」って言いたい人もいるでしょう。ですが、期間1週間もないのにそれはきついです。特に私の場合はプログラミングですし。

 

そういうわけで、

1年生で参加した時点で勝ちは決まっているわけです。

さらに賞状などがもらえたらもう完勝でしょう。

 

 

まとめ

私の理論が本当か証明してきます。

皆もハッカソンに参加しよう!

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする