一般大学生の生活.com

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バイト落ちた理由を考察する

生活

 

hidayoshi.hatenablog.jp

 塾バイト落ちました。

 

あんなに偉そうにバイトの意味を語っといてこのざまだ。まあ落ちた理由は大体分かっている。これから挙げていくのでぜひ反面教師にしてほしい。

 

 

理由1 面接時間を覚えてなかった。

お前そこからかよって感じですね。電話して面接時間を決めたときは、「忘れないからいいや。」と思ってた。その10分後くらいには忘れてた。

 

記憶を頼りに当日は行った。なんとか合っていたのでよかったと思う。

 

しかし、メモを取らなかったのは明らかに馬鹿なので、今度からは自分の頭には頼らないことにする。メモを取る技術は大人になっても使うので、練習と思うことにしよう。

 

しっかりメモは取ろう!

 

理由2 遅刻した。

時間は合ってたが間に合ったとは書いてない。遅刻した理由は色々ある。

 

まず、夜ご飯を食べながら生放送見てたのが駄目だった。調子こいてたら予定時間近くになってた。

 

素早く支度して外に出たら雨が降ってた。しかも結構強い。なぜ面接ごときでこんな苦労をしなければならないのか。雨の中で自転車をこぐのは本当に辛い。おまけに僕はメガネだ。

 

文句をつけながら自転車をこいだまでは良かったのだが、ここで次の問題が起こった。場所がわからないのだ。目印を教えてもらっていたが正確な場所は知らなかった。予め調べておかなかったことを後悔した。

 

なんとか見つけて到着することができた。そしてこのときはまだ遅刻していなかったのだ。それなのにこの男は到着した安心感からか、濡れた体を拭き始めた。

 

濡れた状態で面接するのは駄目だとこのときは考えていたが、今考えると入ってからやれよと思う。遅刻の方が悪いに決まってる。一番悪いのは余裕を持った行動をしなかったことだが。

 

理由3 言い訳が下手くそ

遅刻して担当の人に挨拶した。そしたら、「どうして遅刻したの」と言われた。

ひええええ。

 

後で分かるのだがこの塾はすごく時間に厳しい。当然しょっぱなから遅刻した私の印象は悪いだろう。

 

そしてそれをさらに悪くしたのは私の言い訳だ。

 

おとなしく、「時間どおりに到着したのですが、雨で濡れた体を拭いていたため遅れました。すいません。」くらい言えればマシだったと思う。

 

 

しかし、なぜか私は場所がわからなかったことを理由にしてしまった。しかもその時の説明は、自分でも何を言いたいのかわからなかった。

 

ここまでで、事前に場所を調べるようなマメさがなく、時間にルーズで、塾志望なのに説明が下手くそという印象を与えている。

 

今考えると、この後の面接とテストの成績に関係なくこの時点で落とされていたと思う。普通ならこんなやついらないだろう。

 

理由4 テストやらかした。

 

これはしょうがない。

 

 

総評

私の名誉のために言っておくと、私は教えるのは上手い方だ。高校では教える側だったし、教えた人の点数は上がってた。

 

今回が最悪なだけなのだ。いつか俺を採用しなかったことを後悔させてやる。

 

 

取り敢えず今回学んだことは、

 

メモを取れ!

遅刻するな!10分前行動!

面接は出会ったときから始まってる!

 

以上

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする