一般大学生の生活.com

ひだよしの日記帳

日記帳です。中身はない。

BOPビジネスで学んだ将来のこと

私は、12日から4日間、国際関係論という講義をとった。そこでBOPビジネスというものを学んだ。

 

BOPビジネスとは | BOPビジネス支援センター

 

これを見れば詳しくわかるが、要するに底辺層向けのビジネスのことだ。これを学んで、自分の将来について新しい考え方ができたので書いてみようと思う。

 

以下、自分語り。

 

 

とりあえず、今まで私が持っていた将来の目標を見て欲しい。

 

私は最初、シュウマイになりたかった。これは幼稚園の頃の話だ。しかし、その夢は諦めたらしい。親が言うには、『食べられちゃうから』と私は言っていたようだ。可愛いものだ。

 

次は飛行機のパイロットだった。しかし、これも諦めた。理由は墜落したら死ぬからだ。

 

その次は大工さんだった。これも諦めた。理由は落ちたら死ぬからだ。この子は死ぬことしか頭にないのか。

 

そして小学生の頃から高校生まで、夢は公務員だった。最近流行りの悟り世代だ。私はゆとり世代だが。

 

実際、私はこの時公務員になろうと本気で思っていた。公務員は仕事がなくならないから将来安心と言われてきた。私もその通りだと思ったし、安定した生活、安定した収入が欲しいと思っていた。贅沢なんていいから、平穏な生活が欲しかった。

 

しかし、高校生のいつかは忘れたが、突然海外に行きたくなった。特にドイツだ。理由はわからない。でも、ドイツが私を呼んでいる気がするのだ。今まで、私は海外に行きたいと思ったことはなかった。日本でずっと暮らそうと思っていたのに。

 

それなのに、突然海外に行きたいだなんて、どうして思ったのかよくわからない。だが、今冷静に考えるとわかる気がする。高校生になって気がついたのだ、このままだとつまらない人生を送る羽目になると。

 

それから、公務員の夢は捨てた。しかし、他に夢がない。どうやって探せばいいのだろう。探し方がわからない。自分探しの旅とか言って旅行に行ってる意識高い系が羨ましい。私より探してないと思う。

 

まあ、そんなこんなで大学生になってから色々考え方が変わった。生活も。

 

私は寮で生活しているのだが、そこには留学生がいる。だから、毎日英語が聞こえてくし、英語を話さなきゃならない。でも私は英語ができない。toeicは395点だった。試験中寝てたけど。まあ、クソゴミな点数なのに変わりはない。

 

私は初めて、英語の重要性に気がついた。遅すぎた。でも、学校の授業で英語の重要性なんて気がつかないと思う。

 

英語が必要になったおかげで、私の海外旅行への意識はさらに高くなっていた。

 

そして、そんなこんなで夏休みになった。

 

夏休みに映画を見まくった。本も結構読んだ。そして影響された。僕は影響されやすいようだ。

 

特に

hidayoshi.hatenablog.jp

ここでも紹介したけど(ダイマ)、ウルフ・オブ・ウォールストリートを見たせいで金がとてつもなく欲しくなった。やっぱ世の中は金だ。金があった方がいいに決まってる。

 

そう思っていたのに、BOPビジネスのせいでまた考え方が変わった。BOPビジネスで、今アジアは活気付いているようだ。そしてそれは、これからさらに増すだろう。

 

すでにアジアの貧しいところでBOPビジネスを行っている企業や人間たちがいる。当然、金が欲しいからだ。ビジネスだからね。

 

でも全員が全員、金のためにやっているわけではない。貧しい人たちに雇用を与えるため、元気を与えるために働いている人たちもいる。私は、そのビデオを講義中に見た。

 

ビデオで紹介されている人たちはとても楽しそうだった。テレビ用に演技してるだけと言われたらそれまでだが、少なくとも、私には楽しそうに見えた。

 

お金がなくても充実して、人のためになるような人生を送る選択肢があることを知った。

 

人のためになるのなら、こっちの道を歩んでみるのも良いのかもしれない。

 

将来どうするか決まってはいない。でも色々な考え方あることを知れてよかった。

 

BOPビジネスは調べると面白い。ビデオを見てもらえば、私の言いたいことがわかるはず。正直、ここまで書いたけど自分の言いたいことが伝わってないと思う。

 

BOPビジネスの動画を見れば、君の視野が広がるかも?

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする