一般大学生の生活.com

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書の意味を考えてみた

読書

最近は本を読むことが推奨されている。「年◯◯冊読んでます」というセリフも最近良く聞くだろう。たくさん本を読むことは一種の自慢話になる。

 

私も本を読むのが好きだし、読むのも早いので2016年は3ヶ月で100冊読むことができた。単純計算で年400冊だ。

 

「お、自慢かな?」と思うかもしれない。ですが私は最近理解しました。

 

冊数が多くても意味がないということを。

 

 

氾濫している中身のない本

私は図書館で、面白そうと思った本を片っ端から読んでいる。そして読み終わった後思うのは、

「全然面白くないな……」

だ。

 

なんか上手いこと言ってるだけで大して中身のない本がいっぱいあり、ロクに知識も付かず、時間だけ無駄にする。最近、そんな読書ばかりをしている。

 

本を売るために、中身の大して変わらない本が世の中にはたくさんあると思う。そんな本に金を払うのは馬鹿らしく感じる。

 

私の読書のあり方を変えたこの言葉

そんな読書をしていた私が変わったのはこの本を読んでからだ。

 

elk.bookmeter.com

結構有名らしい。実際に読んでみて、現代で勧められている読書のあり方を否定していると感じた。特に印象に残った部分はこれだ。

 

むしろ我々は、愚者のために書く執筆者が、常に多数の読者に迎えられるという事実を思い、つねに読書のために一定の短い時間をとって、その間は、比類なく卓越した精神の持ち主、すなわちあらゆる時代、あらゆる民族の生んだ天才の作品だけを熟読すべきである。彼らの作品の特徴を、とやかく論ずる必要はない。良書とだけ言えば、誰にでも通ずる作品である。このような作品だけが、真に我々を育て、我々を啓発する。

 

現代はこれと反対のことをしていると思わないか?

 

思えば、学校で有名な著作家や作品は習うものの、実際には読まない。名前だけだ。授業でやるとしても少しだけ。

 

例えば、私だってシェイクスピアぐらい知っているが、作品を読んだことがない。図書館に置いてあるに。なぜだろう?

 

多分、古いと思っているだろう。所詮、昔の話と思っているのだろう。

人間は古い物には良くないイメージを持っている。

 

しかし、少なくとも考え方、行いに関しては今も昔も変わらないはずだ。

 

だから、最近は有名な人の作品を実際に読むことにしている。

 

実際に古い本を読んで

今年は、歴史や哲学の勉強をしたいと思っているので、一石二鳥な韓非子を読んでみた。

elk.bookmeter.com

感想としては、やはり今も昔も変わらないということだ。韓非子の考え方は現代でも利用できるところがたくさんあった。一番好きなのはこれだ。

 

頭を使う者が多くなれば、法の権威は失われ、力をつくす者が少なくなれば、国は貧しくなる。

 

深いね。(小並感)

 

 

まとめ

取り敢えず、沢山本を読むより、有名な本や、自分がためになると思った本を真面目に読んだほうがいい。

 

ヴァン・ダム出演映画紹介① ブルージーンコップ編

映画ーヴァン・ダム

突然だが、私はヴァン・ダムが好きだ。

 

「ヴァン・ダムって誰だよ」って人はまずこの記事を見ないだろうが一応説明すると、

彼はB級アクション俳優だ。

 

ジャン=クロード・ヴァン・ダム - Wikipedia

ジャン=クロード・ヴァン・ダムとは (ジャンクロードヴァンダムとは) [単語記事] - ニコニコ大百科

 

もっと詳しい説明はいつか別にするとして、今回からヴァン・ダムの出演している映画の紹介して行きたいと思う。(本当に突然すぎる)

 

ブルージーンコップ

movies.yahoo.co.jp

記念すべき一回目が微妙すぎる。本当はハード・ターゲットやダブルチームを紹介したかったのだが、見たのが結構前なので内容を忘れている可能性がある。適当なことを書きたくないので、今回は視聴したてホヤホヤのこれを紹介しようと思う。

 

簡単なあらすじ

なんか刑務所内で殺人事件が多発してるから、刑事(ヴァン・ダム)を囚人として刑務所に送り込んで捜査させるで〜〜ってストーリー。

 

流石アクション映画。字面だけだと至ってシンプルである。でも実際の内容は結構複雑だし、強引な場面が多いように感じた。(後述)

 

 

見どころ

何もかもガバガバな刑務所

http://3.bp.blogspot.com/-owynIKslu78/VixBPxPNAtI/AAAAAAAAz_o/jVqeKsO6AQI/s800/hanzai_datsugoku.png

過去みてきた刑務所でぶっちぎりのガバガバさ。まず何がヤバいって監視官みたいな奴が1人しかいないことだ。そう、牢屋の出入り口にいるあいつだ。

 

普通に監視官から鍵を奪って脱獄するヴァン・ダムの流れるような動作。しかも奪い方も、電流を浴びせて監視官を気絶させるというものだ。もはやお笑いである。

 

また、この刑務所は階層構造になっているようで、下の階にいくほどヤバい奴がいるようだ。インペルダウンみたいだね。

 

そのシステムに文句はない。だが、どうして監視官同伴でもないのに階を移動できるんだ。お前囚人だろ。

 

下の階も下の階でピンクの布で仕切られてるし、小道具やアクセサリーが普通にあるし。もはや刑務所ではない。

 

アクション映画だからツッコミはなしだといっても、このレベルは中々酷いと思う。

 

足技が少ない

なぜヴァン・ダムの映画を見るのか。それはヴァン・ダムの足技を見るためだろう。

皆あの美しいスピンキックが見たいのだ。

 

だが、この映画に印象に残るような足技はなかった。もちろん足技はあるが、他の映画で良いかなって感じだ。

 

後半のライバルに対するパンチのラッシュも私として微妙だった。

 

「分かった分かった。パンチはもう分かったから。ヴァン・ダムがカッコイイのも分かった。はい、パンチはいいから!。蹴って、早く蹴って!!!」

 

私はこんな感じで見てた。

 

トドメは流石にキックだが、そのトドメのさし方も酷かった。ライバルがいきなり焼却炉を開けて、言うのだ。

 

「地獄へようこそ!!!!!」

 

そこにヴァン・ダムの飛び蹴り炸裂!

燃えるライバル!

終わり!

 

だと糞映画だが、なんとライバルが燃えながら出てくる!

ライバルは言うのだ。

 

「俺は不死身の男!サンドマンだ!」

 

そこにヴァン・ダムのキックが炸裂!

鉄骨のボルト部分に頭が刺さり死亡!

終わり!

 

 

 

やっぱり糞映画やんけ!!!!!!!!!

 

 

ヴァン・ダムがカッコいい

 

これを見てどう思う?

 

 

まとめ

感想の1つに「映画に必要な要素のいいとこどりをした映画」というのが有ったが、的を得ていると思う。全てが中途半端な出来だった。

 

この映画は恋愛?要素も入っているのだが、私的にそこはいらなかったと思う。

 

 

なんか批判してばかりだが、私は良い糞映画だと思ってる。少なくとも時間を無駄にしたとは思っていない。

 

それに動いているヴァン・ダムが見れるだけで私は幸せなのだ。

他に何もいらない。

 

 

自転車には集中して乗りましょう。

生活

先日、田んぼに落ちました。

 

雪道において自転車がどれだけ無力かよくわかった。調子こいてイヤホンして歩道ギリギリを運転してたらツルっとね。頭からいってたら死んでいただろう。

 

ズボンと財布はお亡くなりになった。今まで自転車で危ない運転をしてきたが、今回の出来事で流石に反省した。

 

私はここで言いたい。

自転車は危ない乗り物だと。

車と同じように集中して運転しなければならないということを。

 

自転車に呪われた男

思えば自転車にロクな思い出がない。

 

高校生時に買った5万したマウンテンバイクはライトがついていなくて、夜間走行中におばあさんを轢き殺しそうになったり。(後でちゃんとライトつけた。)

 

すぐパンクするし。なんで前のタイヤ修理したら後ろパンクすんだよ。乗れねーじゃねえか。

 

しょっちゅう何かにぶつかるし。車に轢かれそうになるし。バク宙したら顔から落ちてメガネ割れるし。

 

一番やばかったのは、縁石にぶつかって車道に投げ飛ばされたときだ。車が来てたら死んでただろう。

 

そして、今度は田んぼと来たもんだ。だんだん死期が近づいているような気がする。

 

 

学習しない男

これだけ死にかけても私は学習してこなかった。

 

イヤホンしながら運転するわ、スピードは出すわでやりたい放題だった。

 

なんかイヤホンは駄目らしいけど、警察は何もいってこないし、ネットでも調べても環境音が聞こえればOK!らしかったので、普通にしてた。

 

それになにより、音楽を聞きながら風を切るあの瞬間がとても好きだった。

 

イヤホン運転はいつか事故ります

イヤホン運転してる人は分かっていると思うが、周りの環境音なんて聞こえているはずがない。

 

知らぬ間に車が横を通り過ぎていったなんてことはよくある話。

何度今の死んでたなと思ったことか。

 

最近の車は本当に音がしない。プリウスなんてイヤホンしながら分かるはずがない。

 

音楽は、自分の想像以上に集中力を欠いている。そのことに気がついた方がいい。

 

死にかけているのは、死神の警告だろう。毎回見逃してもらえるとは思わないほうが良い。

 

まとめ

そういう訳で、これからは真面目に安全運転したいと思う。

 

田んぼに落ちたのと、イヤホンは正直関係ないのですが、自分の運転を見つめ直すいい機会になりました。

 

皆さんも自分の運転を一度見直したほうがいい。

 

事故ってフォーカス飾るのは勝手ですが、誰か引いたら目も当てられない。

イヤホンは安いのでいい

www.shure.co.jp

f:id:hidayoshi:20170104213529j:plain

5000円を破壊!

 

f:id:hidayoshi:20170104213546j:plain

3000円のフィリップスのイヤホンも壊し!

 

f:id:hidayoshi:20170104213553j:plain

ついでに充電器を壊す

 

後、この前はshureのSE215を破壊しました。あのみんなつけてる青いやつです。

1万円しました。3ヶ月で死にました。

 

もう高いイヤホン買うのは馬鹿らしいと思いました。最近は安いイヤホンでも十分な音質だと思います。外で聞くのに音質求めてねーんだよ。

 

 

 

新しいイヤホン君

というわけで今回は安いイヤホン買いました。

Amazon CAPTCHA

    ↑

   これ

f:id:hidayoshi:20170104213555j:plain

 

中国製と聞いて心配でしたが、画像の通りきれいな包装で音質も文句ないです。

 

レビューできるほどの耳を持ってないのでなんともいえませんが、フィリップスのよりは高音が出てると思います。3000円を払った価値はありました。見た目もかっこいい!

 

 

 

皆さんも安くて良いイヤホンを探してみてはどうでしょうか。博打みたいで楽しいですよ。

 

今年度の目標について

生活

あけましておめでとうございます。

 

別に年が明けてもめでたくねえよと思って調べたら、この一文に色々な意味があることを知った正月でした。

 

解説とかして1記事増やしたいところですが、意味が多すぎだし、詳しいわけでもないし、既に情報がありふれているのでしないことにしました。

 

私と同じ考えだった人はぜひ調べてみて下さい。

 

 

今年度の目標の前に

今年から大学生になり色々なことがありました。

 

他県、国との交流、貧富の差、学力などを経験し、自分が社会においてどの位置にいるかをよく理解できました。

 

最近思うのは、そこら辺の高校生の方が頭が良いのではないかということ。いや、勉強している中学生の方が頭がいいかもしれません。

 

また、自分がどれだけ政治、歴史、経済といった一般教養がないかもしることができました。

 

よって、今年の目標は以下のようにしました。

 

一般教養をつける

一般教養という言葉は広い意味を持ちすぎているし、この言葉をやみくもに使ってると

馬鹿みたいに見えます。

 

私が考えた一般教養は、政治、歴史、経済、哲学の4つです。

 

この4つは将来絶対に必要になるし、私が全く知らない内容ばかりです。19歳にもなるのに歴史や国の政策が分からないなんて恥ずかしいです。そのことにやっと気づきました。

 

哲学は単に自分が学びたいのと、客観的な思考を養う使えると考えました。他人への理解は今後のグローバル社会で必要な要素だと思います。

 

色々偉そうなこと言ってますが、要は自分が無知だから色々勉強するってことですね。

 

英語勉強

ざっくりしすぎですがTOEIC860点と簡単な会話はできるようにしたい。

 

世の中はグローバル化と騒いでますが、日本人にグローバル化は難しいのではないかと最近思い始めました。

 

たかが1年間寮で生活を共にしただけでですが、一つだけわかったことがあります。

 

それは、日本人の空気を読むという行動って凄いってことです。

 

場の雰囲気や流れで生活してきたので、日本人の常識が通用しない時のストレスがとても貯まるように感じます。

 

外国人に空気を読むなんて行動はありません。全てwhy?で返されます。

 

せめて説明できるレベルの英語力がないと、国際社会で生きていくことはできないと感じました。

 

1年で400冊読む

自分で言うのもあれですが、読むのは早い方だと思います。速読しないで3ヶ月で100冊読んでるので、400冊は理論上可能だと考えました。

 

また、アメリカの大学生はこれくらい読むのが当たり前のようなので、自分も負けないように読みたいと思います。

 

こんなに読むのならいっそ読書ブログにしてもいいくらいですね。

 

 

 

 

図書館で本を借りてもいいでしょ?

読書

本て買わなきゃだめなの?

本屋に行きました。欲しい本がたくさんありました。でも1000円〜払ってまで読みたいかと言われると…。

 

でも、ネットでは本は買ったほうが良いって言われてるし…。

 

あ、調べたら図書館にある。じゃあ借りたほうがいいんじゃない?

あ、この本結構古い。もしかしたら古本で安く買えるかも?

 

でも、ネットでは本は買ったh…。

 

こういう人、結構いると思います。私もこの一人です。

 

なんかネットサーフィンしてると、「借りるより買え!」って意見を多く見ます。図書館は駄目だと言っている人までいますしね。

 

でも、私は図書館を積極的に利用すべきだと思います。

今回は図書館の名誉を守るため、図書館否定派に対する私なりの反論を書いていきます。

 

借りた本には付箋の貼り付けや書き込みができない

この意見よく見るんですけど本当に皆さん付箋や書き込みしてるんですかね?私はこういう人達は少数派だと思ってました。

 

また、付箋はまだ分かりますが、本に書き込みをする人の意味が僕には分かりません。

おそらく、自分の共感した部分に線を引いたり、自分の意見を書いたりするのでしょう。でも、それらって再読しないと意味ないと思います。

 

世の中の人ってそんなに再読するのでしょうか。私は皆、書き込みして自己満足で終わり、再読なんてしないように感じます。だって再読って面倒くさいですもん。一度知ってる内容ですし。

 

本に直接書き込むより、ノートやパソコンにまとめたほうが良いと思います。引用もしやすし、自分の意見がたっぷりと書けます。本の余白では狭すぎる。

 

これなら、借りた本でもできます。

 

期限に追われながら読むのが嫌だ

図書館によりますが、貸出期限て2週間くらいだと思います。よっぽどの遅読家出ない限り、2週間あれば一冊なんて読めると思います。

 

そもそも読みたいと思ったから借りたはずなのに、期限に追われるの意味が分かりません。その日か次の日には読み終わってると思うんですけど、読みたくて借りたならね。

 

期限に追われような本は、あなたにとってその程度の本だったてことです。むしろ、金を払わずに済んだと喜ぶべきです。

 

お金を払わないと読む気にならない

これは性格の問題なんでなんとも言えないです。私は金の有無に関係なく、本から自分に必要な知識を搾り取ってやろうと思っているので、お金については分かりません。

 

 

まとめ

結局、買えば良いのか借りれば良いのか。そんなのは決まっています。

 

どうでもいい。

 

私の場合、読みたい本を全部買ってたら破産するので図書館から借りています。

 

でも、借りに行くのが面倒くさいから本を買うって人もいるでしょう。それも時間を金で買っているようなものなので、いい選択だと思います。

 

結局結論がこれかよって人もいるでしょう。そういう人用の正解は、

 

自分が読みたい本」かつ「図書館にない本」を買えば良いと思います。

 

これなら最大限、自分の読みたい本を読むことができ、お金がかかりません。

 

 

おまけ 私のタイプ

・本は汚したくない。

・書き込まない。

・目についた本を片っ端から読む。ジャンルは気にしない。

・再読はしない。

・買おうとするとためらう。

 

 

 

初めてのハッカソンの感想

2日間かけてアイデアをひねり出し、無事終わることができた。今回は参加してみた感想を書く。

 

簡単な2日間の流れ

メンバーは予め決まっていたので、当日前に話し合ってアイデアを考えていた。

 

初日はグループ編成やテーマ決めなどの時間があり、予め両方とも決まっている自分たちが有利と思っていたが、アイデアの細部が結構ガバガバなのに気づき修正してたのでアドバンテージがなくなってしまった。

 

夜は飲み会があったが、未成年なので酒が飲めず話に混ざれない。高校卒業から飲酒OKに法律変えてほしいと思った。コネや人脈を大事にしなくてはならないのに、機会を潰されるのはゴメンだ。

 

バレなきゃ犯罪じゃない?リスクが大きいのでしたくない。

 

2日目は発表のためのプレゼンテーションを作っていた。時間足りなかった。

私が発表した。キョドった。失敗した。

 

まあ、初めてだから仕方ないね!

 

ハッカソンで良かった点

イデアは悪くなかったと思う。それに細かい内容も意見を出し合い、ある程度突っ込まれないレベル、突っ込まれても対処できるレベルまで高めていたと思う。

 

生涯19年(短い)でここまで自分で考え、主張したのは今回が初めてだ。面接とか入試より真剣に取り組んだと思う。割りと真面目に。

 

また他人の意見を聞き、参考にしたり、反論したりと客観的に考える力も養うことができたと思う。

 

最初から最後まで自分たちで考えるというのはとても新鮮だったし、とても楽しかった。

 

その楽しさもゲームが楽しいとかそういうのではなく、新しいものに触れた時の喜びのような感じだ。なんか新鮮な感じ、あるよね?

 

学校でもハッカソンとまではいかなくても、ディベートのようなものをやるべきだと思う。座って授業聞いてるより楽しいし、頭使うし、寝れなくなる。

 

学生視点から言わせて貰うと、日本人が意見を主張しないというのは半分正解で半分間違いだと思う。

 

クラスや集会などで挙手制にすると恥ずかしがるが、5,6人のグループワークにすると結構喋る。日本人は完璧主義な考えが邪魔をしているだけで、決して意見がないわけではない。

 

小学生の頃からディベートさせとけば、外国人とも戦っていけると思う。

 

ハッカソンで駄目だった点

いっぱいあります。

まず、用意されてたテーマを無視していたこと。無視自体は別に悪いことではなかったが、評価される以上、求められているものを作り上げた方がいい評価がもらえるのは明白!市役所の方もいたしね!

 

また、理工学部なのに、統計を取ってデータ考察という文系みたいなことをしたこと。

私的にはまだプログラミングができないので、デバイスで戦うのは不利という考えだった。

 

しかし、理系だし、アルデューノが用意されていたので思い切って挑戦してみても良かったのかもしれない。ここに関しては、きっぱり駄目とは言えない。

 

あと、プレゼンテーションの発表を練習しなかったこと。時間がなかったから仕方ないが、正直ぶっつけ本番でできると思っていた。舐めてた。

 

後、遅刻したこと。またかよ。

 

 

最後に

前回の記事で

 

hidayoshi.hatenablog.jp

 1年だから行った時点で勝ちとかほざいてましたけど、他人から見れば、

参加したのにできないとか何言ってんだこいつ。

ですよね。

 

まあ、ズタボロですよ。でも、こういう経験を経て強くなっていくのだと思います。

将来食いっぱぐれないように、色々なものに参加して自分を磨いていきたい!