一般大学生の生活.com

ひだよしの日記帳

日記帳です。中身はない。

東南アジア 2日目 バンコク

空港で寝ること6時間。

BTSモーチット行きのA1バスの始発時間になった。

 

今日の予定は食事、両替、カオサンで宿探し、3大寺院見学だ。

まずはバスで市内に向かい、高レートのとこで両替する。後、ご飯。

 

レートが良いと噂のスーパーリッチ本店に行く。この店はセントラルワールドの近くにあるのだが、モーチット駅からここまでは結構距離がある。

 

しかし、自分がどうセントラルワールドまで行ったか覚えてない。BTSを使った記憶はないのだが、歩いたとも考えられない。本当にどう行ったんだろう?

 

スーパーリッチに着いたが、今日は8時半からの営業らしく暇な時間ができた。

近くをうろついていると屋台が沢山あった。屋台を見に博多に行った自分が馬鹿みたいに思えるほどあった。

 

こっちは腹が減っているので、とにかく何か食べたかったが、値段の相場も何が美味いのかも分からないので抵抗感があった。

 

しばらく歩いていたら現地人に人気らしい屋台があったのでそこで飯を買った。

50バーツだったと思う。

f:id:hidayoshi:20170918100402j:plain

3食を抜いた後の食事は絶品だった。しかもこれで150円ですよ。

もうタイを好きになっちゃった。

 

 

食事を終えてゆっくりと町並みを観光する。裏道や道路は汚いのに上を見るとビルが沢山建っている。面白い町だ。

f:id:hidayoshi:20170918100410j:plain

f:id:hidayoshi:20170918100418j:plain

ここはセントラルワールドの近くなので、バンコクの中心なのだが、初めて来た私がそんなこと分かるはずがない。

今思うと周りにデカイ建物が沢山建っていたはずなのに私は一切気が付かなかった。

初めてというものは、人間に余裕をなくさせるのだろう。

 

三万円をバーツに両替した。レートは確かに良かった。

しかし、三万円程度でレートを気にする必要はないのだ。でも海外初心者の私は

まだそのことに気づいていなかった。

 

 

船でカオサンに行けると従業員に言われたので船で向かう。30バーツくらい?

f:id:hidayoshi:20170918100407j:plain

f:id:hidayoshi:20170918100423j:plain

 

カオサン近くに降ろされ、しばらく歩いたがカオサンにつかない。

まあ、急いでいるわけでもないのでのんびりと観光しながら歩いていたら、

バイクに乗ったババアが突然目の前でとまった。

 

「どこに行くんだ?」というので「カオサン」というと乗れ!という。

怪しさ満点だが、この時はなぜか乗ってしまった。

しかし、このババアはとんでもないババアだった。

 

 

私が日本から来たと知った途端、空手の真似はするし(当然ハンドルは握ってない)、

前は見ないし、車に足をぶつけたし、スピード出すしでとんでもない。

 

動画が撮れなかったのが本当に残念だ。言葉で表そうとするするととても陳腐になってしまう。しかし、初日で知らないババアのタンデム走行で死ぬなんて親に申し訳ないので、必死にババアに捕まっていたので写真すら撮れなかった。

 

交通法も道徳も無視した豪快な走りですぐにカオサンに着いた。まあ、めっちゃ近くだったんだけどな。そしてババアに金をたかられる。40バーツもってかれた。

 

当然、ボッタクリである。でも、あのバイクは一種のアトラクションだと思うと急に

安いように感じる。皆も知らないババアの後ろに乗ってみよう!

 

 

 

 

 

 

カオサンに着き、宿を探す。前もって調べておいたが、場所が分からないという始末。

諦めて近くのセンターポイントプラザに泊まった。

 

ここの従業員は親切で私のガバガバ英語も頑張って解読してくれた。ただ、2000円という大金を払った割に部屋はそうでもなかったのでもう来る日はないだろう。割りとキレイだったけどね。

 

 

 

荷物をおいて三大寺院を見に行く。交通量が多く、信号機が機能していない。f:id:hidayoshi:20170918100449j:plain

f:id:hidayoshi:20170918100454j:plain

 

 

 

まずはワットプラケオに行く。

f:id:hidayoshi:20170918100502j:plain

f:id:hidayoshi:20170918100507j:plain

f:id:hidayoshi:20170918100516j:plain

 

 

入場口が1つしかないくせに凄く狭いので、観光客で溢れかえっていた。もはや順番なんて関係なかった。

 

入場した後、飲み物屋に並んでいたら頭のイカれたババアに順番を抜かされた。店員に対して何か文句を言っている。文句を言いたいのはこっちだけどな。

 

店員も最初はどけと言っていたが、諦めて注文を取り始めた。並んでいる白人も気弱な方だったので注意してくれなかった。

 

私が言えばよかったのだが、肝心の「どけ!」を英語で言えなかった。

言葉で表せないなら後は暴力を振るうしかない。

 

しかし、初日から豚箱にぶちこまれたくなかったので諦めて、白人と苦笑いしてた。

でもあの堂々とした振る舞いは参考になった。あれくらいできないと外国では生きていけないのだろう。

 

 

買ったのはタイティーだ。甘くて美味しいが量がない。

f:id:hidayoshi:20170918100521j:plain

 

 

 

ワットプラケオは入場料高いわりに大したことなかった。

f:id:hidayoshi:20170918100527j:plain

f:id:hidayoshi:20170918100530j:plain

f:id:hidayoshi:20170918100542j:plain

f:id:hidayoshi:20170918100556j:plain

f:id:hidayoshi:20170918100602j:plain

f:id:hidayoshi:20170918100608j:plain

f:id:hidayoshi:20170918100616j:plain

f:id:hidayoshi:20170918100625j:plain

f:id:hidayoshi:20170918100633j:plain

f:id:hidayoshi:20170918100647j:plain

 

 

 

 

次はワット・アルンに行く。川を渡るのだが、私は間違って高い船に乗ってしまった。

ちゃんとツーリスト用のボートに乗らないと10倍の金を払うことになるので

気をつけよう!

 

 

汚い!

f:id:hidayoshi:20170918100704j:plain

f:id:hidayoshi:20170918100709j:plain

 

 

 

ワット・アルンはキレイだった。見る価値はあるね。

f:id:hidayoshi:20170918100715j:plain

f:id:hidayoshi:20170918100719j:plain

f:id:hidayoshi:20170918100724j:plain

 

 

 

 

日本だと1000円かかるココナッツの実もバンコクだと120円。もうハワイアンズでは買わないだろう。沖縄でも。

f:id:hidayoshi:20170918100733j:plain

 

 

 

最後にワット・ポー。

f:id:hidayoshi:20170918100740j:plain

f:id:hidayoshi:20170918100750j:plain

f:id:hidayoshi:20170918100758j:plain

 

 

 

トゲトゲしい。

f:id:hidayoshi:20170918100807j:plain

 

 

 

 

カオサンに戻り夜ご飯を食べる。これはパットタイだろう。

店主は俺が日本人だと喜んでいた。

f:id:hidayoshi:20170918100825j:plain

 

 

 

ネットでよく見るカオサンの姿。

f:id:hidayoshi:20170918100829j:plain

 

 

ココナッツアイス。下に果肉もあるという贅沢っぷり。これで150円は安い。

f:id:hidayoshi:20170918100834j:plain

f:id:hidayoshi:20170918100841j:plain

 

 

バーでway back homeが歌われていた。falloutやっていたから思わず反応して写真を撮ってしまった。奥の緑の所で歌ってた。

f:id:hidayoshi:20170918100849j:plain

 

www.youtube.com

 

 

ひと通り歩いて思ったことは私はカオサンがそこまで好きではないということだ。

出会いなくね?と思った。当然だ、ドミトリーに泊まってないのだから。

 

しかしこの時はカオサンをただうるさいだけだと思い、一刻も早く脱出したかった。

一人旅にこの町はアウェーだと思ったのだ。

 

 

 

色々調べていたら近くにアユタヤというところがあることを知り、行くことにした。

外人が騒いでいるのをBGMにしながら寝た。

東南アジア一周 一日目 福島〜バンコク

9月5日に日本に帰ってきた。

 

だいぶ時間が空いてしまったが、自分の旅行記を書いていこうと思う。

 

 

 

出発

深夜、郡山から成田空港行きの高速バスに乗った。今時Wi-Fiもないバスだったので

ガッカリだったが、寝ていたので問題なかった。

 

飛行機の出発は12:15なのに、成田空港には7時くらいに着いた。

飛行機の見学などで頑張って時間を潰した。

f:id:hidayoshi:20170917110019j:plain

f:id:hidayoshi:20170917110035j:plain

 

 

 

 

今回乗ったのはscootだ。中はキラキラとしていてなかなか悪くないと思った。

f:id:hidayoshi:20170917110039j:plain

 

 

飛行機は2回乗り継ぎがあり、最初は台北に向かった。

 

私は海外で昼食を取ろうと思い、日本で食べなかった。この考えが仇となった。

 

トランジット先の台北に着いたが、台北の金を持ってない。

クレジットカードを使おうと思ったが、値段のレートが分からないので、置いてあるサンドイッチが日本円で何円くらいか分からなかった。だから、クレジットカードを使うのが怖かったのでやめた。

 

結局、水でごまかし、次のトランジット先であるシンガポールに向かった。

 

シンガポールの空港は馬鹿みたいにデカかった。しかし、こっちは餓死しそうなのでデカイ空港は歩く距離が増えるのでただ辛かった。

 

ここまできたら、日本と物価が同じシンガポールで食事をするより、バンコクでしたほうがいいと思い、我慢した。

 

バンコクドンムアン空港に着いた。寂れた空港だと思った。初めての入国審査、両替を終えた時は夜中の1時前。流石に公共機関は動いていなかった。

 

タクシーを使えば市内にいけるようだが、空腹の状態で値段交渉なんてしたくなかった。朝になれば市内行きのA1バスがでるようなので空港のベンチで寝た。似たような人がいっぱいいた。

 

人種は違えど考えることは同じなようだ。

 

 

 

 

シェアハウスでクレジットカードは作れない?

クレジットカードを焦って作りまくる

8月13日に東南アジア旅に行くわけですが、当然保険に入らなくてはならない。

 

しかし、期間は43日間。料金は計算していないが、高いに決まってる。

だから旅行10日前から焦って保険付きのクレカを申し込みしている。

 

自分の今持っているクレカは三菱デビュープラスなので保険がないのだ。海外に行くとは思っていなかったから完全に油断していた。

 

落ちたり受かったり

まずは一番人気と思われるアメリカンエキスプレスを申し込んだ。

受かるだろうと思っていたら落とされた。ヒストリーに悪い部分はないはずなのでなぜ落とされたか不思議だ。

 

次はエポスカード。これも落とされたらいよいよヤバいわけだが、こちらは受かった。

良かった良かった。

 

東南アジアの旅行なのでクレカはもう一枚欲しい。そこで楽天カードを申し込んだ。

利用付帯だができるだけ早くカードが欲しかった。

まあ、楽天カードは保険内容悪くないし。

 

しかし、未だに返事がない。何してんの?

 

 

本題

で、焦って次に申込んだのがライフカードというわけだ。

 

f:id:hidayoshi:20170804182917p:plain

一勝一敗。まだまだチャンスはあるはずだ。

そう思って申し込んだ訳で、先程本人確認の電話が来た。

 

順調に話が運ぶ。これはイケる!、そう思っていたら・・・

 

ライフ「現在のお住いはお一人さまでしょうか」←(正確に覚えてない)

 

私「シェアハウスです!!!!!」←受かると思い自信満々。

 

ライフ「シェアハウスのお客様には発行できません」

 

 

 

 

そういう訳で、無事死亡した。

 

自分は今同じ大学の人達とシェアハウスしている。自分のような人間は少数派でしょうがまさかこんなところで弊害があるとは・・・。

 

シェアハウスでも個人のポストがあれば受け取れると言われた。まあ、あるはずないんですけど。嘘こいても良かったんですけど、クレカ関係は色々問題が起きそうな気がしたので止めた。

 

 

まとめ

エポスカードが作れた理由は、カード受け取り時に本人確認するからだろう。

 

私が今回の件で思ったことは、シェアハウスというものはまだまだ少数派なんだということ。

 

今の時代はシェアが流行っているのではなかったのか。

どうやら時代を先取りしてしまったようだ。

もっと対応してほしいな、難しいのはわかっているけど。

 

旅行用のHDD、モバイルバッテリーを購入


f:id:hidayoshi:20170630070651j:image

 

HDD

旅人に有名なHDD。据え置き3TBのHDDも持っているのだが、最初はWindowsで使っていたためフォーマットがMACに対応していなかった。

 

なので、フォーマットの変更のための一時避難場所、旅行用のHDDとして使うために今回購入した。

 

ヒッチハイク旅の時は19日間でスマホの容量が写真で埋まりそうだったので、今回の旅ではHDDが必要だと思う。

 

いつか世界一周する時に使うかも知れないしね。(来るのか?)

 

モバイルバッテリー

auでタダで貰ったモバイルバッテリーは5000mAhしかないので、ヒッチハイク旅では何回か充電が足りなくなったことがある。コインランドリーで寝てたのが懐かしい。

 

今回は10000mAhで安いやつを購入した。容量は多いのに越したことはないが、重くなっちゃうからね。

 

ナビゲーター世界史

最近世界史を勉強するのにハマっている。だからトルコとかイランに行きたかったのだ。まだ全然読んでないが、ゆっくり読もうと思う。

懲役43日東南アジアの刑が決まりました

生涯で2回目の飛行機予約。大金を扱うのでビクビクしながら買うことになる。

 

 

そういう訳で、8月13日から懲役43日の刑が決まった。

国内旅行の時は京都の荒波に心が折れ、田舎に逃げ帰りましたが、今度はそうは行きません。泣いても返してもらえないのだ。

 

 

飛行機の価格は35318円。相場は分からないが安くはないと思う。

 

行きは乗り継ぎ2回の13時間コースだ。香港とシンガポールで乗り換えだ。海外経験がない私にとって、一国でも多くのところに行けるのはお得だと思い乗り継ぎを選択した。帰りは直行便だ。

 

 

この文を書いているバカは東南アジアに行くだの、行きたいところをまとめてみたとか言っていたが、そもそも飛行機を予約していないのに行く計画に時間を使っていた。

 

 

「そういや飛行機予約してないな」と思い、比較サイトに行ったら夏休み開始と思われる週の便の値段は高額になっていた。なんとか4万はしないチケットを取れたが、本当はもっと安く行けるはずだと思う。

 

 

計画を立てる前にキチンと飛行機の予約をするというのが今回の教訓だ。

 

 

私が当日までにやるべきことはただ1つ。

期末テストに失敗して再テストにならないことだ。

 

頼んだぞ。(戒め)

 

 

 

1ヶ月間東南アジアに行く

理由

ヒッチハイクしたのになんでこんな金使ってんねん。おかしいよ……」

 

 

深夜特急とかいう本が旅人のバイブル?読んでみるか。」

 

 

「なんだこの物価!?(驚愕)」

 

 

「東南アジア行きます。」←今ここ

 

 

本当はトルコとかイランとかマケドニア行きたかった。でも時間と金がない。

だからと行って、東南アジアで妥協したわけではない。興味はとてもあるのだ。

 

 

ルート

決めてるわけ無いでしょ。でも今回は海外、日本人の常識は通用しない。

なので、今までもようにはいかないと思う。

 

 

だから取り敢えず、行きたい所をまとめてみた。

www.google.com

 

今回はkeynoteにまとめるとかいうアナログで頭おさるさんな方法は使わず、

google mapにまとめた。これが理系だ。

 

まとめたはいいが、コピペで他人が見れるのだろうか?分からないので一応スクショ貼っとく。

 

f:id:hidayoshi:20170625161023p:plain

 

 

見る限り、他のバックパッカーと同じように、バンコクから時計回りルートになりそうだ。しょうがないね。

 

細かいことはまだ思索中。

 

 

旅行用にニューポートH2を買いました


f:id:hidayoshi:20170625154007j:image

 

 

遂にニューポートH2を買ってしまった。サイズは29cm。

履き心地?最高に決まっている。色もいい。

 

 

アマゾンの期間限定セールで15%オフなので9000円で買えた。安い。

 

 

ヒッチハイク旅で靴の重要性はよく分かったので、今回は高いのを買った。あと夏だからサンダルが欲しかった。

 

 

これでクロックスを履いている人間共を鼻で笑えるようになった訳だが、勿論自尊心を守るために買ったわけではない。

 

 

前回の旅で分かったのは、国内旅行は金がかかるということだ。まあ、牡蠣とか食ってるのが悪いんだけどね。

 

 

旅行から帰った後、あの有名な「深夜特急」を読んだ。そして、海外の物価の安さに目が飛び出た。勿論、年月が経っているのは理解している。

それでも、安い所は安いのだ。

 

 

「じゃあ海外行ったほうが安いじゃん!」

そういう訳で、今年の夏は東南アジアに行くことにした。

続く。