一般大学生の生活.com

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒッチハイクもする無計画旅 17日目(京都)

伏見稲荷神社

流石都会の漫画喫茶、プランの関係上6時間しかいられなかった。軽い仮眠だけにとどめ、朝一で京都駅に向かう。前日に京都の方からアドバイスをもらい、下から上に向かうように見学することにした。なのでまずは一番下にある伏見稲荷神社へ行く。

 

朝一にも関わらず、京都駅は凄いことになっていた。これが3連休の力なのか、はたまた日常なのか、かっぺの私には分からない。

 

伏見稲荷神社に着いても人も車も沢山いる。外国人に一番人気のある観光スポットと聞いたことがあるが、確かに外国の方が沢山いた。

f:id:hidayoshi:20170424140155j:plain

 

 

まさか修学旅行生もいるとは思わなかった。都会はこんな季節に修学旅行をやるのか。

f:id:hidayoshi:20170424140202j:plain

f:id:hidayoshi:20170424140211j:plain

 

 

 

よく見る狐。

f:id:hidayoshi:20170424140225j:plain

 

 

 

鳥居は沢山あって凄いとは思ったが、それ以上の感想はない。

f:id:hidayoshi:20170424140243j:plain

 

 

これはまだ中腹にも行ってない場所での写真だが、中々景色がいいと思う。最初は頂上まで登ろうと思ったが、鳥居にそんなに惹かれないし、結構遠いことが分かったので下山することにした。1日乗車券も買っちゃったしね。

f:id:hidayoshi:20170424140253j:plain

 

 

清水寺

次は京都の方におすすめされていた三十三間堂に行く予定だったのだが、乗り換えミスで京都駅に戻ってしまった。なので次はこれまた有名な清水寺に行くことにした。

 

清水寺伏見稲荷神社より人が多いような気がした。後、途中道を間違えて違うとこ行ったせいで少しイライラしていたような気がする。地図はちゃんと見よう!

f:id:hidayoshi:20170424140326j:plain

f:id:hidayoshi:20170424140334j:plain

 

 

清水の舞台と聞いてはいたものの、どれがそうなのか知らなかった。本当に場所が解らず、2周してしまった。やっと見つけたものの、なぜこれが人気観光スポットなのか理解できなかった。胎内めぐりの方が面白いと思う。

f:id:hidayoshi:20170424140350j:plain

f:id:hidayoshi:20170424140409j:plain

 

 

お昼

取り敢えずメジャーな所を観光したのでお昼を食べることにした。八坂神社に向かう通りに色々食べる所があるのでそこで食べることにした。

 

向かう途中に合った塔。最初五重の塔かと思った。「奈良じゃなかったっけ?」と思っていたが、今調べたら奈良だった。危うく騙されるところだった。

 

4/25 五重塔は沢山あることを知りました。

f:id:hidayoshi:20170424140425j:plain

 

 

まずは文の助茶屋でわらび餅をいただく。

f:id:hidayoshi:20170424140459j:plain

 

ここは無料で充電できるのでかなり便利だった。雰囲気がいいだけではなく、こういうサービスができるのはとてもいいと思う。

f:id:hidayoshi:20170424140431j:plain

 

 

頼んだのはわらび餅と甘酒のセット。これで900円と中々だが、飯には金を惜しまないことに決めていたからノーダメージだ。

f:id:hidayoshi:20170424140437j:plain

 

わらび餅はさっぱりとしておいしい。私の地元では夏になるとわらび餅屋が焼き芋みたいに回ってきたものだ。小学生の時の話で最近は来なくなったが、なんだか思い出していしまった。

 

 

甘酒は最初失敗したと思っていた。だってこれで400円ですもの。やっぱり学生には痛い。でも飲んでその後悔は吹き飛んだ。これはかなり美味かった。高い甘酒はこんなに美味いものなのかと思った。これは400円の価値がある。

f:id:hidayoshi:20170424140441j:plain

 

 

次は有名らしい団子屋でみたらし団子を買う。

f:id:hidayoshi:20170424140514j:plain

 

 

でもこれを食べたのは冷めた時でちょっと固くなっていた。できたてで食べるべきだったといまだに後悔している。

f:id:hidayoshi:20170424140655j:plain

 

次はかさぎ庵でぜんざいを。

f:id:hidayoshi:20170424140523j:plain

 

お上品な味だった。特に餅が香ばしくてよかった。

f:id:hidayoshi:20170424140527j:plain

 

八坂神社に向かう途中にある寺に寄った。たしか高台寺だと思う。

f:id:hidayoshi:20170424140555j:plain

f:id:hidayoshi:20170424140603j:plain

 

 

観音みるのに金がかかるので背中で我慢することにする。別に見たかったわけではないが。

f:id:hidayoshi:20170424140621j:plain

 

 

 

横側を見れたから十分。

f:id:hidayoshi:20170424140634j:plain

 

 

どっかで見たことあると思ったらファークライ4の奴だった。分かる人いるかな?

f:id:hidayoshi:20170424140647j:plain

 

 

観光終了

2箇所見ただけでもう暗くなり始めた。大人しく残りは明日に回すことにし、京都駅に戻る。

 

しかし戻るまでのバス停がある四条通の人だかりがシャレにならないくらいヤバい。東京でも見たことなかった。

 

ここで私は突然思ってしまった。「帰ろう。」と。一度思ったらもう止まらない。今まで考えることなかったのに、掻き分けないと歩けないくらいの人の多さに嫌になってしまった。

 

私は、地元の誰も歩かない道路をのびのびと歩くほうが向いていることに気づいた。生まれながらのかっぺなのだ。

 

後、旅に出てからまともに野菜を食べていないからか身体に異常が見られるような気がしてきた。言葉では説明できないが、自分の身体だから分かるのだ。しかも今日はお菓子しか食べてない。

 

でもどうしても金閣寺銀閣寺を見たかったので、帰るのは明日にして今日は最後の旅を楽しむことにした。

 

足が軽く公害になっていたのでお風呂に行った。この風呂はアニメでみるような昭和臭さのある銭湯だった。ドライヤーするのに金がかかるとは思わなかった。

f:id:hidayoshi:20170424140711j:plain

 

 

どこで夜ご飯を食べるか迷った挙句、天下一品で食べることになった。確かに濃い味だったが、量が少ないから大したことはない。うまかったからもっと食べればよかった。

f:id:hidayoshi:20170424140712j:plain

 

 

宿はなるべく金閣寺に近づいていたほうがいいと思い、ヒーリン・フィーリン京都烏丸今出川店にした。

 

まさか帰ることになるとは思わなかったが、こういうことができるから一人で旅しているのだ。帰りたい時に帰る。それが自由だ。

ヒッチハイクもする無計画旅 16日目(広島〜???)

呉まで

起床。足の調子はまあまあ、だがこれくらいなら観光を楽しめそうだ。まずは2号線に向かう。ここなら車の量が多いので誰か乗せてくれるだろうと思ったからだ。

 

だいぶ歩いてセブン前まで来てしまった。しかしセブン前はヒッチハイクがしやすい環境で、ここなら捕まりそうな気がした。書いた場所は海田。

f:id:hidayoshi:20170411185616j:plain

 

 

しかし、20分ほどやっても捕まらない。思えば、大都市の真ん中でヒッチハイクをするのは初めてだった。もしかして都市部は乗せてくれないのだろうか。そう考え始めた時、車が止まった。

 

その方は昔ヒッチハイクをしたことがあり、そのお返しをしたいと思っていたそうだ。自分も沢山乗せて頂いているので、将来誰かにお返しをしなければならない。これがあるからヒッチハイクという文化はなくならないのだろう。

 

海田近くに降ろしてもらい、次のヒッチハイク場所を探す。しばらく歩き、トヨタ矢野海田店の先に絶好のヒッチハイクスポットを見つけた。今回は画像もある。

f:id:hidayoshi:20170420212108j:plain

 

 

目的地は水尻。2駅先を徹底して行う。また、都市部では人を警戒しているのではと考え、学生証も同時に見せるようにした。効果があるかは分からないが。

f:id:hidayoshi:20170411185628j:plain

 

 

無事乗せていただき、水尻駅におろしてもらった。今思えば、ここは車の通りが悪く、水尻を選んだのは失敗だったと思う。しかし、だからといって電車は使わない。

f:id:hidayoshi:20170420212114j:plain

f:id:hidayoshi:20170411185639j:plain

 

30分くらいはかかったが、なんとか乗せていただいた。しかも大和ミュージアムまで!本当にありがたかった。かなり時間を使っていたので。

 

 

生の潜水艦はデカかった。こういうのは画像ではなく、実際に来ないと分からない。

f:id:hidayoshi:20170420212124j:plain

f:id:hidayoshi:20170420212131j:plain

 

 

主砲。41cmだっけ?

f:id:hidayoshi:20170420212140j:plain

 

 

大和ゥーーー。というわけで館内に入り大和の模型を見る。こういうのを見ると、どれくらいデカイのか実際に見たくなる。数字を言われてもピンとこない。

f:id:hidayoshi:20170420212148j:plain

f:id:hidayoshi:20170420212216j:plain

f:id:hidayoshi:20170420212227j:plain

f:id:hidayoshi:20170420212249j:plain

 

 

本物の船も撮る。

f:id:hidayoshi:20170420212307j:plain

 

 

でかい。

f:id:hidayoshi:20170420212316j:plain

 

 

館内は撮影禁止の場所が多いのであまり写真は撮れなかった。まあ詳細は実際に訪れてくれってことで。

 

 

次は食事。有名らしい呉冷麺を食べるため、珍来軒へ足を運ぶ。中々距離があった気がする。

f:id:hidayoshi:20170420212323j:plain

 

 

最初見た時は量が少ないと思い、お通夜ムードだったが味はかなり良かった。飛び抜けて美味いというわけではないのだが、ジワジワくる美味さというか。今回の旅ではベスト3に入るだろう。

f:id:hidayoshi:20170420212326j:plain

 

 

呉冷麺とフライケーキはセットで訪れなければならない。呉を観光するなら常識だ。

f:id:hidayoshi:20170420212333j:plain

 

 

次はメロンパンだ。こちらも人気らしい。

f:id:hidayoshi:20170420212336j:plain

 

さらば広島

観光を楽しんでいるようだが、実は悩んでいた。そう、ヒッチハイクをする場所がないのだ。商店街でヒッチハイクできるような場所もなく、トンネルは工事中で通れない。

ヒッチハイクのためだけに呉に引き返すのは面倒だった。

 

取り敢えず買ったフライケーキとメロンパンを食べようと思い、近くの公園に向かった。

 

そうしたらなんという偶然なのか、そこは長迫公園だった。船の慰霊碑が沢山あった。艦これをやっていたから名前もちゃんと分かる。しかし、実際に慰霊碑を見るとなんとも言えない気持ちになった。

f:id:hidayoshi:20170420212353j:plain

f:id:hidayoshi:20170420212420j:plain

 

 

フライケーキは小さいが中々パンチのある味だった。しかもできたて。メロンパンは安いくせに、美味いし量多いしで今まで食べてきたメロンパンはいったい何だったんだろうと思った。

f:id:hidayoshi:20170420212403j:plain

f:id:hidayoshi:20170420212407j:plain

 

 

公園で慰霊碑を眺めること1時間。本当は全部を回りたかったが、私の足も中々辛いので泣く泣く諦めた。もう1度来るから今回は許してもらおう。

 

 

公園から降りてきてなんとなくトンネルを見る。

f:id:hidayoshi:20170420212426j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

      歩道あんのかい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ということでトンネルを歩いて渡り、阿賀保育園前でヒッチハイクを行う。下道と自動車道という2つのルートがあったが、自動車が無料区間のためそちらに賭け少し遠い東広島にした。そして賭けに勝つ。ヒッチハイクするなら自動車道ルートの方がいい。

f:id:hidayoshi:20170411185651j:plain

 

 

 

東広島まで乗せてもらった後、次は広島トヨタ西条店目の前の交差点でヒッチハイク。行き先は西条IC。

f:id:hidayoshi:20170411185702j:plain

 

 

次はSAに乗る。ここで初めてトラックに乗せていただいた。高知にいくというので四国に行きたい私は連れてってくれとお願いしたが、無理だった。なぜか話が噛み合ってないと思い、後で気づいたのだが「こうち」という地名が他にもあるようだ。

f:id:hidayoshi:20170411185713j:plain

 

 

 

徹底して隣のSAを攻める、よって次は福山SA。ここで岡山行きの方に乗せてもらい倉敷JCT手前のSAに降ろしてもらった。SAの名前は忘れた。

f:id:hidayoshi:20170411185732j:plain

 

 

四国か姫路か

ここで私は悩んだ。福岡で会った方と京都で会おう約束しているし、そもそも京都には行こうと思ってた。しかし、今から京都に向かうと3連休に当たってしまい、観光するのが大変なのではないかと考えていた。

 

「だったら香川によってうどんを食べたら良いのでは?いや、姫路城や神戸に行くのもいいな。でも両方行くのは辛いな。」といったふうに考えた。四国行くか、行かないか。SAのお茶をすすりながら考える。

 

 

そして思った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

      決める必要はない。

 

 

 

 

 

f:id:hidayoshi:20170411185802j:plain

f:id:hidayoshi:20170411185747j:plain

 

四国行きと姫路行き。先に乗せてもらったほうに行けばいい。こういうことができるから、一人旅をしているんだ。忘れていた。

 

のせてくれた方は姫路行きだった。まあこれも運命だ。

私は言った。「どちらに行きますか。」と。すると

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

          「京都」

 

 

 

 

 

f:id:hidayoshi:20170420212516j:plain

京都に着いたのは11時過ぎくらい。そのあと福岡の方と合流して横綱ラーメンを奢っていただいた。横綱ラーメンはスープが不思議だと思った。

 

その後は京都駅前のOWL京都駅八条口店に泊まった。都会と立地の関係か、中々いい値段していたが仕方ない。京都寒いから野宿できないんだもの。

ヒッチハイクもする無計画旅 15日目(広島)

宮島へ

まずは朝市で宮島へ向かう。1日乗車は車内で買った。

足はまだ治っていない。昨日よりはマシって程度だ。f:id:hidayoshi:20170415163112j:plain

 

 

フェリーに乗り宮島へ向かう。フェリーから薄っすらと大鳥居が見える。

f:id:hidayoshi:20170415163221j:plain

 

朝一だから人が少ないのでゆったりとした時間が流れていた。干潮の厳島神社を見ることができたが、私的には満潮の方がカッコいいと思う。

f:id:hidayoshi:20170415163234j:plain

 

鳥居の下にも行くことができたし、潮の満ちていく瞬間も見ることができた。中々貴重な体験だ。

f:id:hidayoshi:20170415163249j:plain

 

このアングルが好き。

f:id:hidayoshi:20170415163306j:plain

 

干潮のときにしか見れないらしい。鏡のように見える。

f:id:hidayoshi:20170415163320j:plain

 

正面。

f:id:hidayoshi:20170415163341j:plain

 

本当にそこら辺に鹿がいて驚いた。ポケットをゴソゴソやると寄ってくるから面白い。何も入ってないのに。食べ物を見せると集まってきて可愛かった。欲しがっている眼の前で食べる飯は美味い。当然あげない。

f:id:hidayoshi:20170415163355j:plain

f:id:hidayoshi:20170415163411j:plain

 

 

弥山へ

弥山に登らないなら宮島に行く意味はないとヒッチハイク中に言われた。そう言われちゃ行くしかない。こっちはそういう旅をしてんだから。痛い足にムチを打って登る。

f:id:hidayoshi:20170415163437j:plain

 

あの頂上まで登る。たかが30分くらいだが縄文杉よりもきつかったように感じた。

f:id:hidayoshi:20170415163455j:plain

 

これが頂上の写真。正直写真じゃ伝わらない。360度自然に囲まれたのを写真で表現することはできない。動画がアップできれば……。

f:id:hidayoshi:20170415163536j:plain

 

降ります。

f:id:hidayoshi:20170415163551j:plain

 

 

食レポ

お昼は「ふじたや」で有名な穴子を食べる。凄い混んでいるし、出てくるのが遅いので忍耐がない人は来ないほうがいいだろう。私は美味しければある程度は待つことができる人間だからなんとかなった。

 

見て下さいこのきれいな色を。

f:id:hidayoshi:20170415163604j:plain

 

そんなに濃い味ではなく、タレでごまかしていないと言われているだけあるとは思った。でももっとふっくらとしているのかと思ったがそんでもなかった。穴子は違うのか?美味しかったけど次も食べようとは思わないかな。記念てやつだね。

 

次は岩村もみじ屋でもみじ饅頭を買った。ここは色物もみじ饅頭はなく、純粋に粒とこし餡で勝負しているのが気に入った。それぞれを購入した。やはりできたては美味い。自分はこし餡派だが、今回ばかりは粒あんの方が美味かった。

f:id:hidayoshi:20170415163624j:plain

 

塔。

f:id:hidayoshi:20170415163639j:plain

 

私の知っている厳島神社はこれだ。これが厳島神社なんだ。干潮と満潮を両方見れて満足だ。

f:id:hidayoshi:20170415163708j:plain

 

次は牡蠣屋で牡蠣を頂く。店員さんのオススメに釣られ、焼き牡蠣と生牡蠣を頼む。生牡蠣は2種類あり、デカイほうが高級らしい。

 

私はここの牡蠣を食べた時衝撃を受けた。スーパーの牡蠣しか食べたことない私にとって、これは牡蠣ではなかった。普通の牡蠣は食べた時、鼻につくというか、「ああ、これは牡蠣だ」って感じの味が自分的にするのだ。

 

しかしこれはそれがしなかった。言うなれば、見た目が牡蠣っぽいなんか美味しいのを食べてるって感じだった。広島県民はこれがいつでも食べられるのか。羨ましい。

f:id:hidayoshi:20170415163717j:plain

 

焼き牡蠣も美味いだなこれが。初めて海のミルクと言われる由縁が分かった。

f:id:hidayoshi:20170415163720j:plain

 

 

クソデカしゃもじ君。

f:id:hidayoshi:20170415163728j:plain

 

 

もみじ饅頭の食べ比べにどこかで買った。ぶっちゃけそんなに違いなかった。

f:id:hidayoshi:20170415163733j:plain

 

もの足りないから牡蠣カレーパンを買うことにした。

f:id:hidayoshi:20170415163738j:plain

 

これに入ってる牡蠣は私の知っている牡蠣だった。500円したが、牡蠣がしっかりと入っているし、味も良かったのでオススメだ。

f:id:hidayoshi:20170415163746j:plain

 

市内観光

宮島から戻り、1日乗車券とロープウェイを使ったので記念品を貰う。まあ記念品と言っても、もみじ饅頭とお土産10%割引クーポンだけど。

 

お土産は買わないからそこら辺の人にクーポンあげた。

f:id:hidayoshi:20170415163757j:plain

 

次は原爆ドーム。まあ皆さん見飽きてるだろう。でも私は初めてだ。f:id:hidayoshi:20170415163806j:plain

f:id:hidayoshi:20170415163824j:plain

 

テレビで見たことがあるぞ。

f:id:hidayoshi:20170415163834j:plain

 

 

次は広島城。中々趣がある、いい色合いだ。だがここに来るまでの道中は中々不便だった。目の前に横断歩道作って♡

f:id:hidayoshi:20170415164156j:plain

 

大本営跡地。足が痛むどころか濡れ始めて来たのでここで休憩してた。足が腐り始めたのかと思ったが、流石にそんなことはなかった。

f:id:hidayoshi:20170415163917j:plain

 

 

明日の準備

明日は大和ミュージアムに行くので、なるべく呉に近づくことにした。今夜の宿泊はコミックバスターリ・パーチェ広島店。近くのゆめタウン広島店で食料は補給できるので、かなり立地が良かった。

f:id:hidayoshi:20170415164001j:plain

安いパンを書い凌ぐ。昼ごはんが贅沢だったので、平均すれば普通くらいだ。

 

足の濡れ具合がヤバいのでシャワーを借りた。いつになったら治るのか。

ヒッチハイクもする無計画旅 14日目(大分〜広島)

 野宿

hidayoshi.hatenablog.jp

 前回、足岩盤という足湯の湯が温かい岩になったような所で野宿をすることになった。

いくら寝そべっていても、壁がないため身体の前面は風を受けてしまう。しかし背中は温かいためなんとか耐えられる。

 

 

hidayoshi.hatenablog.j

指宿の夜の方がよっぽど辛かった。あれに比べれば足岩盤は天国だ。

 

30分くらいで目が覚めてしまうが、もう一度眠りにつくことができるので短気睡眠を連続で繰り返し、夜を凌いだ。

 

近くのセブンでコッペパンを買って朝ごはんとする。

f:id:hidayoshi:20170411190731j:plain

 

今日は広島県に向かうことにした。別府は温泉が入れたので満足したし、地獄なんかに興味はなかった。広島は宮島、大和ミュージアム原爆ドームと見たいものが沢山あった。

 

そして何より、旅にでて2週間たったのにまだ九州にいることに焦りを感じていた。せめて今日中に本州に渡ろうと考えていた。

 

短い時間だったが、いざ別れると思うと悲しくなってしまった。さらば足岩盤。

f:id:hidayoshi:20170411190744j:plain

 

 

九州を抜ける

まずは冷えた身体を温めるため朝風呂に入ることにした。入ったのは「谷の湯」。6時30分から空いているし、お湯もそこまで熱くないのでオススメだ。

 

風呂に入った後は最寄りの別府ICでヒッチハイクするため向かった。中々の距離があるが仕方ない。バスを使う距離でもない。

 

ICの前には車専用の通路?みたいなものがあり、ここの前でやることにした。しかし、2時間やっても車は捕まらなかった。熊本では4時間できたが、ここでは風が冷たく、手応えを感じなかったので諦めることにした。

 

2時間以上を無駄にしたのはかなり大きかった。しかし、私はこの経験からヒッチハイクにおいてやる場所、書く地名がいかに重要かやった理解した。

 

来た道を帰りながら、せっかくだから別府のグルメを食べることにした。転んでもタダでは起きない気持ちがヒッチハイクには必要だ。

 

 

まずは「里の駅かんなわ 蒸de喜屋」で蒸し卵と豚まんをいただく。卵は長崎の時に食べたものより味がしっかりとしていたが、匂いも中々だった。好き嫌いが別れるだろう。

f:id:hidayoshi:20170411190801j:plain

f:id:hidayoshi:20170411190819j:plain

 

豚まんは流石できたて、かなり美味しかった。

f:id:hidayoshi:20170411190822j:plain

 

 

次は「甘味茶屋」でだんご汁とやせうまをいただく。美味いが、炭水化物ばかりで身体が心配だった。旅にでてから何回野菜を食べれただろうか。

f:id:hidayoshi:20170411190836j:plain

f:id:hidayoshi:20170411190829j:plain

 

 

食事も終わり、海沿いの10号線に出る。別府湾SAでヒッチハイクをするため、まずは亀川に向かう。

f:id:hidayoshi:20170411185552j:plain

 

10号線はバス停がしっかりあるのでヒッチハイクをする場所には事欠かない。向かう途中でお得意の歩きヒッチハイクをしていたら乗せてもらえることになった。歩きヒッチハイクは意外と効果があるのか?

 

乗せてくれたのはお姉さんで、別府名物のとり天と野菜炒め弁当を買ってくれた。野菜が不足している私にはとてもありがたかった。

 

亀川駅に降ろしてもらった後、私は地図を見て642、218号線経由でSAに行けると思い、642号線でヒッチハイクをしていた。

f:id:hidayoshi:20170411185516j:plain

しかし地元の方が言うに、ここからSAに行く人は少なく、もっと先の道から皆登ると聞いた。

 

向かいながらまた歩きヒッチハイクをする。そうしたら捕まった。本当に効果があるのか?別府湾SAは徒歩でSA内に入れることを聞いた。最初からここでやれば良かったのだ。調べ不足だった。

 

SA内で買って頂いた弁当を食べる。とり天はさっぱりとしていて美味かった。

f:id:hidayoshi:20170411190922j:plain

 

食事後、自分の中でできていた「プリウスは乗せてくれる」という説を信じ、プリウスをノックして直接交渉する。1発OKだった。まだ勝率は100%だ。

 

 

きやまSAまで乗せて頂いた。ここでも直接交渉ですることにした。しかしここで遂に勝率100%は崩れた。かなり断られた。でも学生証をみせることでやっと乗せてもらえた。この時、もう直接交渉はやめようと思った。それは交渉はヒッチハイクではないと感じたからだ。

f:id:hidayoshi:20170411190929j:plain

 

 

見て下さい。これが関門橋です。めかりPAで降ろしてもらった。正直人が少なくて焦り、やめようと思った交渉をするしかなかった。なんとか乗せてもらえた。

f:id:hidayoshi:20170411190933j:plain

 

本州&広島!

遂に本州入りだ。美東SAで降ろしてもらった。もう夜で、ヒッチハイクできるか心配だったのでまた交渉することにした。お前さっきなんて言った。

f:id:hidayoshi:20170411191020j:plain

 

なんと宮島SAまで乗せていただけることになった。別府から広島とはかなりの長距離移動だ。

 

 

来たよ広島。

f:id:hidayoshi:20170411191043j:plain

 

尾道ラーメンを食べる。私がかなり好きな味だった。地元のラーメンと似ていたからかな?

f:id:hidayoshi:20170411191046j:plain

 

ここから漫画喫茶がある廿日市までは中々距離がある。そして私の足はおかしくなっていた。思い当たる節は2つだ。白谷雲水峡で走って下山したこと、足岩盤に寝たことだ。とにかく足のひらが痛くてまともに歩けない。ヒッチハイクをするしかなかった。

f:id:hidayoshi:20170411185604j:plain

 

誰も通らない道でヒッチハイク。このまま歩き続けるのか、絶望しながらヒッチハイクをしていたら、カップルの方にのせてもらえた。こんな不審者を乗せるなんてなんていい人達なんだ。

 

快活クラブ前まで乗せてもらい、とっとと寝た。足が治るのを信じて。

ヒッチハイクもする無計画旅 13日目(宮崎〜大分)

さらば宮崎

コミックバスターは素晴らしい。無料で朝食が食べられのだ。これが無料なんて信じられるか?これはリピーターになるしかない。

f:id:hidayoshi:20170411190357j:plain

 

朝ごはんを食べながらもう大分に向かおうと考えていた。私が宮崎で見たいと思ったのは青島、鵜戸神宮高千穂峡だが、どれも離れているしヒッチハイクで行けるか悩んでいた。 

 

無計画で一人旅なのだから行く気になれば行けるのだが、まだ朝の時点で昨日の悲しみを引きずっていて、とても宮崎を観光しようとは思わなかった。当初長崎と迷っていた別府に今は早く向かいたかった。別府を楽園とでも思っていたのだろうか。なぜか別府に憧れていた。

 

昨日から宮崎の道路事情を見るに、市内ではヒッチハイクができないと思った。歩道に近いレーンは朝のラッシュ時にバス専用レーンとなってしまい、やる場所がなかった。

 

なので少し進んだ先でヒッチハイクをすることにした。今日もまだ雨が降っていて車が止まってくれるか心配だった。

 

佐土原の文字を車道側に向け、アピールしながらヒッチハイクできそうな場所を探す。目立つのにはもう慣れた。

f:id:hidayoshi:20170411142408j:plain

 

進んで行くとバイパスに出てしまった。車の流れが速いバイパスでヒッチハイクは難しい。辛うじてできそうなセブンイレブン前の信号でやることにした。

 

30分ほどやっただろうか。車が止まらない。一回セブンイレブンに行き、この辺の交通事情をちょうど車から出てきた人に聞いた。そしたらなんと、佐土原まで乗せてもらえることになった。こういうヒッチハイクもあるのか。

 

そしてこのとき折りたたみ傘を信号機に忘れてきた。宮崎にくれてやることにしよう。

 

 

トントン拍子!

佐土原駅前で降ろしてもらい、次の目的地を書く。ちょうど近くにいった人にも応援してもらった。ありがたい話だ。

 

次の目的地は都農。駅前で出してすぐに捕まる。なんとそのかたは仕事に向かう途中だった。なんでも色んな人を乗せるらしく、ヒッチハイクもOK!らしい。私も出社中に乗せるくらいの器の大きさを持ちたい。

f:id:hidayoshi:20170411185431j:plain

 

どこに降ろしてもらったか忘れたが、これは降ろしてもらった場所の写真だ。いつの間にか雨もやみ、青空になっていた。やっと私の流れが来たのかもしれない。

f:id:hidayoshi:20170411190413j:plain

 

次は日向。挙げる。すぐに止まる。流れは本当に来ていた。

f:id:hidayoshi:20170411142356j:plain

 

 

また場所を忘れたが、車屋の近くに降ろしてもらった。そこは車が止まれる場所があり、ヒッチハイクするには打ってつけだったからだ。

 

次は北延岡。ここでもすぐに捕まった。今日は何なんだ。

f:id:hidayoshi:20170411185446j:plain

 

車の方は釣りに行く途中だった。私は実は佐伯の寿司に興味があり、行きたいと思っていたが、佐伯に行く人は少なくヒッチハイクは難しいと聞いて諦めたいう話をしたら佐伯に乗せてもらえることになった。佐伯は本当に遠い所で、まさか行けるなんて思っていなかったので嬉しかった。

 

佐伯に向かう前の道の駅で休憩。

f:id:hidayoshi:20170411190415j:plain

 

 

佐伯には誰も通る人がいないと言う旧道で行ったが、本当に誰も通ってなくて驚いた。でも駅はあるので面白い。

 

佐伯

来ました、佐伯の港。天気は最高!

f:id:hidayoshi:20170411190432j:plain

 

どこで食べればいいか分からないので、有名らしい錦寿司でいただく。

f:id:hidayoshi:20170411190444j:plain

 

確かにネタがでかい。しかし問題は味だ。私は食レポができるほど語彙がないが、しいて言うなら、少なくとももう回転寿司に行くことはないだろう。真面目に。

f:id:hidayoshi:20170411190449j:plain

 

腹ごなしも済んでとっとと大分に向かう。まずは弥生にむかうことにした。佐伯から大分市内に行く人は海沿いよりも内陸から行くと聞いたからだ。後、弥生には道の駅があった。

f:id:hidayoshi:20170411185501j:plain

 

無事に乗せていただき、道の駅に降ろしてもらった。周りは割りと田舎で心配だったが、きてしまったからには仕方ない。f:id:hidayoshi:20170411190455j:plain

 

確かこの時は「大分市内にいくから大分使い回せるじゃん!」とか思って前の奴を使った。道の駅前で最初はしていたが、手応えがないのでもっといい場所を探しながら歩きヒッチハイクをした。もはや得意技になっていた。

f:id:hidayoshi:20170411142344j:plain

 

そしたら無駄かと思っていた歩きヒッチハイクが成功してしまった。ヒッチハイクは止まってやるものという概念を破壊してしまった。

 

しかも行き先は別府だという。こうして今日のヒッチハイクは終わった。

 

乗せてくれた方はお姉さんで、1ヶ月ほどヨーロッパ旅行に行っていたらしい。海外の話は非常にためになった。

 

別府!

水族館が見えて、遂に別府が姿を表した。

f:id:hidayoshi:20170411190535j:plain

 

駅前に降ろしてもらい、さっそく観光案内所でどこかオススメか聞く。聞くところによると、鉄輪がいいらしい。さっそく向かう。

 

途中の別府公園。

f:id:hidayoshi:20170411190541j:plain

 

 

 

 

 

 

    今日の宿を紹介するぜ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:hidayoshi:20170411190609j:plain

       

 

 

       

 

 

 

 

 

 

 

 

 

       足岩盤だ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 屋根あり壁なし床下暖房でお値段0円!

 

ちゃんと観光案内所で教えてもらったから違法じゃないはず。別府の観光案内所はちゃんとしていて優しかったのでオススメだ。後、佐伯も優しかった。

 

寒いのでお風呂に入る。別府なんだから当然だが天然温泉。死ぬほど熱かったが気持ちよかった。今日の努力が報われた。乗せてもらってるくせに偉そうだが。

f:id:hidayoshi:20170411190619j:plain

 

風呂の後は飯だ!と思ったらどこも閉まってる。悲しみに明け暮れて宮崎で買ったおにぎりを食べる。悲しいなあ。

f:id:hidayoshi:20170411190622j:plain

f:id:hidayoshi:20170411190626j:plain

 

ちゃんとしたチキン南蛮が食べたかったよ……。

f:id:hidayoshi:20170411190630j:plain

 

島原の地獄よりは湯気が出てたかな。

f:id:hidayoshi:20170411190724j:plain

 

 

最初は足岩盤に座って寝ようとしたが、壁がないせいで風がモロに来るのと、人目につくことから寝そべることにした。背中暖かく、前は冷たい。しかしなんとか眠りに着いた。明日は無事でいられるのだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒッチハイクもする無計画旅 12日目(鹿児島〜宮崎)

宮崎へ

マックで朝を迎える。朝マックを朝食にしてもう少し粘る。宮崎まで乗せてくれる方と鹿児島市内で待ち合わせしていたので、8時位には市内に向かった。

 

この日は雨が降っており、完徹気味なことも合わさって気分が優れない。

f:id:hidayoshi:20170408171109j:plain

 

 

合流した後は宮崎へ向かう。途中のSAで降りて休憩した。写真撮ったけど雨で見えてない。

f:id:hidayoshi:20170408171119j:plain

 

SAで買った饅頭。このSA限定って書いてあったから買った。でもどこのSAか忘れたし、味も普通の饅頭だった。

f:id:hidayoshi:20170408171056j:plain

 

 

宮崎市

宮崎ICで降り、その少し先にあるJoyfull宮崎南バイパス店に降ろしてもらった。

ここなら宮崎ICから大分方面に向かう車を捕まえることができるし、もし駄目でもこの先にある宮崎西ICでやればいい。つまり、2回チャレンジできるということだ。

 

まず宮崎ICでやる。30分くらいやっても手応えがない。雨の中ヒッチハイクしたせいでスケッチブックが濡れる。車が捕まらないのを雨と宮崎ICのせいにして、宮崎西ICに移動する。大分なんか書いて捕まるわけないのに。

f:id:hidayoshi:20170410224011j:plain

 

googleマップで見ると何でも近そうに見えるが、宮崎西ICは思ったより遠かった。この日は風も強く、安い折りたたみ傘は役立たずだった。

 

宮崎西ICでもヒッチハイクをするが誰も乗せてくれない。挙句、地元の方にここから大分に行く人はあまりいないと言われた。心が折れた私は、漫画喫茶に逃げることにした。

 

駅の近くに漫画喫茶はあるが、私はもう会員になってるコミックバスターに泊まろうと思い、少し離れているが「コミックバスター宮崎店」に向かった。途中で夜ご飯をたべながら向かえばすぐに着くと思っていた。

 

しかし休業だったり、あまり入りたくなかったりと食べる場所がなかった。もう食べれれば何でも良いと思い、そこら辺のスーパーで惣菜を買った。

 

途中でドン・キホーテによりパンを買い、惣菜と一緒に食べる。いよいよ惨めになってきた。雨は人を弱らせる。

f:id:hidayoshi:20170408171154j:plain

 

 コミックバスターに着いた後はとっとと寝た。貫徹した分を取り戻すように。

 

ヒッチハイクもする無計画旅 11日目(屋久島〜鹿児島〜桜島〜鹿児島)

タイトル島ばっか。

 

さらば屋久

朝ごはん。自分はあまりカップ麺が好きではないが、他にまともな食べ物がスーパーになかったのでこれを買う羽目になった。

 

カップ麺て大して美味しくないし、値段の割に量ないし、作るのも片付けも面倒だし保存性しかメリットないと思うのだが、これを周りに言う度に変な目で見れれる。

 

う〜ん。

f:id:hidayoshi:20170408090138j:plain

 

港に出る朝日。この調子なら帰りの航海は安心できそうだ。

f:id:hidayoshi:20170408090350j:plain

 

さらば屋久島。たったの3泊だったがとても濃い時間だった。少し強くなった気がする。見てない所がまだ沢山あるので、生涯でもう1度来るだろう。本当にいいところだった。

f:id:hidayoshi:20170408090336j:plain

 

ジェットパンというのはこっちでメジャーなパンなのだろうか。見たことがないので買ってみた。もう味は忘れちゃった。多分そこら辺のパンと変わらなかったんだろう。

f:id:hidayoshi:20170408090519j:plain

 

鹿児島からどうやって宮崎に行こうか悩んでいたら、フェリーに乗っている人に明日宮崎市まで乗せていただけることになった。しかもその人に桜島フェリー乗り場まで乗せてもらえた。本当にありがとうございました。

 

もしフェリーはいびすかす乗り場までヒッチハイクで来た人は、「俺は帰りどうすればいいんだ……」と思うかもしれない。がしかし、フェリー乗り場の目の前の225号線はヒッチハイクのための道路なんじゃないかと思うくらい道路が広く、交通量もそこそこあった。自分はやらなかったが、車は捕まると思う。最悪近くに駅もあるしね

 

 

桜島

フェリー乗り場まで乗せてもらい桜島へ向かう。24時間運行しているなんて凄いと思った。

 

桜島フェリーの名物らしいうどんを食べる。船に揺られながら食べるうどんは美味い。

f:id:hidayoshi:20170408090422j:plain

f:id:hidayoshi:20170408090513j:plain

f:id:hidayoshi:20170408090558j:plain

 

 

桜島の観光所を回ってくれるバスがあり、私はその最終便になんとか間に合った。桜島を近くで見れればそれでいいのだ。

f:id:hidayoshi:20170408090704j:plain

f:id:hidayoshi:20170408090733j:plain

 

 

展望台から撮った写真。バスだとこれ以上近くにはいけない。f:id:hidayoshi:20170408090644j:plain

 

 

バスは乗り終わったがこれだけで鹿児島市に帰るのはどうだろうと思い、近くの温泉に行くことにした。

 

これは途中の神社の写真。

f:id:hidayoshi:20170408090922j:plain

 

有名な色違い看板なローソン。

f:id:hidayoshi:20170408090748j:plain

 

マグマ温泉。名前は凄そうだが普通の温泉だった。フロントで無料で荷物を預かってもらえるのは良かった。

f:id:hidayoshi:20170408145108j:plain

 

風呂に入り、次は食事だ。桜島まで来てコンビニ飯も嫌だなーと思い、館内の食事処で唐揚げ定食を食べる。なんでこいつは桜島まで来て唐揚げ食ってんだ。2文章前になんて書いた? この選択はミスだったと思う。美味しかったけど、美味しいだけじゃだめなんだよ……。

f:id:hidayoshi:20170408090918j:plain

 

 

夜の桜島。向こうに見えるのが鹿児島市だ。そろそろ帰ろうかと思ったが、最後に恐竜公園に行ってみようと思い、恐竜公園に向かった。

f:id:hidayoshi:20170408090829j:plain

 

恐竜公園は暗すぎて怖かった。幽霊出るかなーと思って楽しみにしてたら幽霊より怖い不良?の叫び声が聞こえたので、興ざめして帰ってきた。九州まで来てトラブルはゴメンだ。

 

恐竜見たかったなーーー。

f:id:hidayoshi:20170408090908j:plain

 

 

鹿児島市

この日は漫画喫茶に泊まりたくなかった。金を使いたくなかったというのもあるが、鹿児島市のフェリー乗り場には24時間営業のマクドナルドがあり、ここに居座ろうと思った。店からみればとんでもない話だが。

 

ただ、あまり居座るのは流石に迷惑だと思い、しばらく時間を潰さなきゃならなかった。取り敢えず、桜島フェリー乗り場の椅子でフェリーを待つふりをしながら寝た。

 

まあ、寝れるはずもなくとっととマクドナルドに行くことにした。フェリー乗り場寒いんだよ。

 

フェリーに乗り、いつの間にか寝てしまっていた。乗務員に起こされフェリーから降りたらそこは桜島だった。

 

そう、往復してしまったのだ。それくらい爆睡していた。無駄に金を払い、もう1度鹿児島市に向かう。

 

鹿児島市フェリー乗り場にはマットを敷き、寝袋で寝ている人達がいた。私も持っていれば仲間入りしたかった。しかし、ダンボールさえ持っていない。大人しくマックに行く。

 

マックでコーヒーを頼んで居座る。なるべく店員に見られないところで。本当に申し訳ないと思う。

 

俺だって外で寝れたら寝たいよ。

 

でもね、九州は寒いんだよ。寝れないんだよ。死んじゃうんだよ。